消費者金融審査 嘘

消費者金融審査嘘

キャッシング審査に通したいからと自己破産した後でもお金が借りたいとか
借入が多くても多重債務でもお金が借りたいと言う人が申し込み時に嘘をついてしまう事があるみたいでした。

 

審査にとって不利な情報よりも自分の情報は有利に教えたい!!

 

カードローン申し込み時に融資が受けたいが為に
嘘をつく行為
決して良い考えではないので嘘をついてまでお金を借りようとしている人は今一度
自分の考え方が間違っているという事に気付いて下さい。

 

確かにカードローンの審査において事故情報やマイナスになる対象なんかがあれば
審査が通らなくて融資否決される事は当然の結果となりますが
申し込み審査に自信があまり持てない人だとキャッシング申し込み時に嘘をつく人もいるんだとわかりました。

 

しかし結果的にこの嘘で審査に通った人はおられるのでしょうか?

 

例え仮に嘘が通ったとしても
すぐにバレてしまうのではないでしょうか?

 

勤続年数、居住年数など安定度を計る為にも嘘偽って書いた人がいたとすれば
身分証明書を提出した時点でまず居住年数がバレてしまうので
一つの嘘が疑われた場合他の情報にも嘘偽りがあるのでは?と判断されてしまい
審査上ではとても不利になってしまう事がわかりました。

 

又勤続年数に関しては収入証明書が必要な際
提出した源泉徴収票から見てもバレる事がわかっておりますので
やはり嘘をついても何のメリットも無いようです。

 

又他社借入件数を偽ったような場合でも
手続きした書類と信用情報を比較した時の食い違いによって
嘘が明らかとなってしまう事となるので
結局嘘をついてキャッシング申し込みしても審査ではほとんど通らないというのが現状のようでした。

 

もしも自分が嘘をつくまでにキャッシング申し込みに自信がないようでしたら
無理に大手のカードローンへは申し込まず中小規模の会社
審査が優しい会社を選ぶのが良いかなと思いました。

 

結果的に嘘をついてお金を借りるよりも
債務整理やブラックOKの嘘を書かなくても
お金が借りられる所を選んだ方が
融資を受けられる可能性は高くなるってものなんだと思います。

 

そうとわかったら
嘘の情報を書く位ならカードローン申し込みは以後しないようにして下さい
その代わり嘘なんかつかなくても
お金が借りやすい中小規模の会社へキャッシング申し込みしてみましょう。